新地先生研修会 ①

 

 新地先生の御厚意により、外科系看護をシリーズ化しての月1回の勉強会がスタートしました。

20180831

 

 今回は、消化器関連の術後合併症の種類と発症時期についてがテーマでした。

DSC03494

 

 講義の中で、看護師の報告や提言が奏功した事例を紹介してくださり、看護師として士気もあがったスタッフも多かったと思います。

 

 看護の視点での講義であり、臨床の場に活かせる内容ですので、多くの参加を期待します。

DSC03497

 

 

 新地先生、これからもよろしくお願いします ^^

腰痛予防講習会

 

 7月27日・8月3日の2日間、リハビリテーション室 本城さんによる腰痛予防講習会がありました。

 20180727

 

 腰痛の15%ほどは原因が分かりますが、残りの85%は痛みの原因がはっきりしないそうです。

 P1060517

 

 そんな腰痛にはタイプがあるということで、まずは姿勢をチェック!

 果たして、猫背タイプなのか・・・? 反り腰タイプなのか・・・?

 

 それぞれのタイプにあった体操を紹介してくださいました。

 P1060538

 

 今まで腰痛のタイプによっては、好ましくない運動があるということを知らずに、

 むやみやたらと色々なストレッチをしてみましたが、まず自分の姿勢をチェックして

 どんな時に痛みを感じるかを知ることが大事だと知り、参加して良かったです。

  

 また、ストレスも腰痛の原因になるので、たまには息抜きをしつつ、ストレスをコントロールしていけたらと思います。

 

 本城さん、ありがとうございました!

7月24日(火)

 

< 入職講演 >

 2018年4月入職の 整形外科 高橋健吾先生

 専門分野は脊椎手術、人工関節手術。

IMG 9019

 

 「 種子島でできる治療は種子島で」の取り組みとして、5年、10年後でも診療体制を維持するために実行すべきこと、手術件数の維持と職場環境の整備の必要性などをとても熱く語ってくださいました。

 

 地元の者として大変心強く感じられました。

 

  2018年5月入職の 総合診療科・整形外科 岡村祐己先生

IMG 9040

 

 今までにサーフィンで7回来島されていて、奥様(消化器内科医師)と一緒に東京から来てくださいました。

 整形外科 専門分野は、骨軟部腫瘍、関節リウマチ。

 

 クロアチア・イタリア ~ 放浪の旅の話~ ハワイでの挙式の写真も披露してくださって、とてもさわやかに感じられました。

 

  2018年7月入職の 小児科 長濱潤先生

IMG 9044

 

 最近、釣りを始めたそうで、小児科を志したきっかけは、子どもが大好きだから!!!

 

 サッカー選手を夢見て4歳からサッカーをしていて、小学生の頃、県決勝の試合がテレビ放映されたことがあるそうです。

 

 「子を思う不安な親の気持ち寄り添うことが出来る小児科医でありたい」と

 ほのぼのと温かい意気込みを語ってくださいました。

 

< 退職講演 >

  2016年7月~ 2年間、勤務してくださいました 外科 肥後直倫先生

IMG 9053

 

 「種子島での2年間」をテーマに、種子島で印象的だったこと、ロケット打ち上げ

 綺麗な海や砂浜、多くのイベント・・・

IMG 9054

 ご家族とのステキな写真を交えて思い出深くしみじみと語ってくださいました。

 

  種子島の患者さんは、ご高齢な方が多く、特に治療方針に苦慮した超高齢者手術症例を発表してくださいました。

 

 「肥後先生は優しいから・・・」と病院長が何度もおっしゃていましたが、患者さんにはもちろん、病院のスタッフにも本当に謙虚で誠実な先生でした。

 

  種子島を離れても、イベントの時はぜひ、ご家族でいらしてください

IMG 9109

 

 医局長の岩元先生より、指宿でのご活躍を祈り、万歳三唱でエールを送りました。

 肥後先生、お疲れ様でした。  ありがとうございました!

7月31日(火)

 

髙尾病院長によります、今年度1回目の全体研修を開催しました。

DSC03435

今回のテーマのサブタイトルは、危険な夏.2018です。

 お・も・い・こ・み・・・人間が起こすエラーの原因は思い込みが大半です!!

 

油断大敵!!

 

ルールを守る。 いいことを率先して取り組む。 お互いに注意しあう。

DSC03434

そして、患者さまや職員のためにみんなで医療安全に取り組むことが大事だと再認識しました。

 

DSC03436

最後はお互いに手を合わせてタッチ&コールで「医療安全ヨシ!」

 

病院長、ありがとうございました。

7月13日(金)

看護部勉強会を開催しました。

20180713

 

今回は、認知症、せん妄の病態や症状等のおさらいとケアの視点をエピソードの交えながらとても分かりやすくお話しして頂きました。

DSC03424

BPSDで一番不安で混乱しているのは患者様であり、その背景を私たち看護者が理解し、患者様が心を落ち着かせ、笑顔で過ごせる時間を少しでも長く共有して行きたい、そう感じたスタッフも多かったと思います。

DSC03425

 

DSC03426

西田さん お忙しい中、ご講演本当にありがとうございました。

今後も、協力病院として、さらに連携を深め、継続看護を実践していきたいと思います。