スタッフブログ

2回目のモザンビーク・アイキャンプへ

建物の前に溢れる笑顔の人、ひと、ヒト。自然と歌声が湧き上がって合唱となり、それに合わせて踊り出す。

これは、田上純真副院長が今年6月、アフリカ眼科医療を支援する会(AOSA)が行うアイキャンプで訪れたモザンビーク共和国の病院での光景だ。「集まっているのは失明した人たちです。手術で見えるようになった瞬間、嬉しさのあまり踊り出す人もいます(笑)」と語る副院長。病院の前で繰り広げられる歌とダンスは、あふれんばかりの喜びと感謝の気持ちを表現しているのだという。

blog aosa19 01

モザンビークは、アフリカの南東部に位置し、日本の約2倍の国土に人口約3000万人を有する国である。ポルトガルから独立後、17年に渡る内戦を経て1992年に停戦。壊滅的だった経済は、国際支援のもと成長を遂げているものの、未だ世界の最貧国のひとつに名を連ねる。医療の支援は不十分で、平均寿命は世界で下から10番目の42歳という現状の中、副院長の専門である眼科医療にいたっては、国全体で眼科医がわずか10名ほどしかおらず、人口のおよそ1%が失明しているといわれている。

「この国では年齢に関わらず、白内障で失明する人が多いんです。それは近くに眼科医がいないことが大きな要因です。日本なら目のトラブルが起きたら、すぐに病院へ行って治療できるので、失明の事態に陥ることはめったにない。モザンビークではほとんどの人が目の治療も手術もできないばかりか、そもそも病院へ行くという概念がありません」

田上副院長が、失明した人を救うアイキャンプに参加するのは、今年で2回目だ。日本人の眼科医や看護師ら有志によって結成されたNPO団体AOSAは、毎年、日本の冬にあたる6月から7月にかけて、モザンビークに1〜2週間滞在し、200人以上の白内障手術をボランティアで行う。

blog aosa19 02 blog aosa19 03 blog aosa19 04

今回は、6月12日に成田を出発し、ドバイ、ヨハネスブルクを経由し29時間かけてモザンビークの首都マプトに到着。向かったのは、さらに車で5、6時間の小さな町の病院だ。そこは、その地域では唯一の病院で、眼科医は1人いるものの、手術の技術は持っていないという。今年、キャンプに参加したのは田上副院長を含む4人の医師と看護師が1人。現地の眼科医が事前に集めておいた希望者の中から手術が必要な人を選別し、3日間かけて手術を行った。

「優先されるのは両目を失明した人で、キャンプでは片目だけ手術します。理由は、ひとりでも多くの人に光を取り戻してあげるため。今回、集まった300人のうち手術を行ったのは223人。毎日朝9時から夜7時まで休みなしで延々と手術するんですが、アドレナリンが出っ放しなので疲れは感じません」

実は、医療機器や機材が揃わない現地では、手術すること自体が難しいのだという。 「日本ではしないような古典的な術式を使います。スキルさえあれば短時間で、現在と遜色ない手術ができ、熟練した先生なら時間は1人5分、1日30人以上こなします。昨年僕は初めてだったので術式になれるのに苦労しました。今年は前回よりはいいだろうと思っていたけど、やはり難しくて1日に15人手術するのがやっとだった(笑)」

blog aosa19 05 blog aosa19 06 blog aosa19 07 blog aosa19 08

こう語るが、現在、種子島医療センターで白内障手術をするのは、1日に4人が限度であることを考えると、想像を超える人数だ。

「僕はまだまだですけど、一緒にキャンプに行った先生方はみなさん、すごいんです。技術もそうだけどメンタルがすごい。アフリカの現場では何が起こるかわからないので、めちゃくちゃ怖いんです。僕らは怖くなったら手術はできないので、それを乗り越えてやらなくてはいけない。彼らはどんな状況下でもへこたれずにやり遂げる、真のプロフェッショナル。自分とのレベルの違いを見せつけられてへこみますが、すごい刺激になるし、そういう人たちと一緒に働けることは誇りです。おかげでメンタルが鍛えられ、帰ってきてからは手術時に不測の事態が起きても動じなくなりました。以前よりタフになったと思います」

AOSAの中心メンバーは、こうしたボランティア活動を30年前から世界各地で行っている。本来の目的は、日本の眼科医療技術を伝え、眼科医を育て、自分たちで治療や手術ができるようにすることだが、「のんきな国柄や国民性もあって、なかなか知識や技術が浸透しないんです。自立するにはまだまだ時間がかかると思う」という。

そもそも副院長は、なぜアイキャンプに参加しようと思ったのだろう。その理由をうかがってみた。

「AOSAの活動にはずっと興味があり、幸運にも機会を得て、昨年ようやく参加することができました。そこでの生活は、意外と自分に合っていて、日本にいる時よりも太るんです。不思議とパラパラのご飯や硬いパンが美味しくなってくる。食べないと10時間ぶっ通しで手術はできないというのもありますけど。アイキャンプは、日本にいたら経験できない、強烈な体験です。それでも行きたくなるのは、非日常的なことをしておかないと自分がだめになるんじゃないかと感じているからだと思う」

blog aosa19 09 blog aosa19 10

日本は恵まれているとはいえ、医療の現場は過酷だ。より厳しい環境に身を投じるのは、医者として慣れへの怖さを誰よりも知っているからなのだろう。「来年も参加しますか」との問いに、「今年も田上理事長や髙尾病院長を始め、病院の皆さんが快諾してくれたおかげで行くことができました。この機会を与えていただいたことに感謝しています。できれば来年も参加したいと思っています」と答え、最後に「AOSAが受け入れてくれれば、ですけど」と、あくまでも謙虚。

6月21日に帰国した副院長。モザンビークでの活動や経験は、病院のスタッフにとっても刺激となり、医療従事者としての道を示してくれる。私たちにこれからどんな世界を見せてくれるのだろう。来年の報告が今から待ち遠しい。

blog aosa19 11 blog aosa19 12

7月5日(金)

めいろうこども園の子どもたちが訪問に来てくれました。

 

IMG E0190

「たなばたさま」の歌のプレゼントがあり、ささのは さ~らさら~♪ と振り付きで

元気に歌ってくれました。

 IMG E0195

 

そして、歌い終わると・・・

病院長より子どもたちへお菓子のプレゼント(^^)

 

 IMG E0205

最後に病院の職員と患者さんへ向けて、

「お仕事がんばってください!」 「早く元気になってね!」と元気・パワーをいただきました。

 

IMG E0214

めいろうこども園のみなさん、ありがとうございました。

去る6月2日(日)は、鹿児島大学救命救急センター副センター長 有嶋拓郎先生をお招きして、

昨年に引き続き2回目のチャレンジナース研修会を開催致しました。

P1070103

 

今回のテーマは、「気づきの看護力アップのために必要な知識と考え方」です。

グリム童話の赤ずきんちゃんの話から始まり・・・オオカミさんの行動は患者の情報で、

新人の私たち(看護師)は赤ずきんちゃんです。

 

今回もがっつり1日かけての研修で、「昼食は8分目にねぇ~」の先生からのご助言を忠実に守り、

午後の研修に臨みました(~o~)

 

ポイントが多く盛り込まれていたので、午後も睡魔と戦う余地もなく、あっという間に修了時間となり少々心残りでした。

 

モニタリング、画像や心電図所見、症状観察の捉え方やコツをじっくり学ぶことで、

オオカミさんの行動を見分ける力(気づきの看護力)をつけてパワーアップした赤ずきんちゃんになれたのではないかと思います。

 

先生には、過密スケジュールの中、種子島までお越しいただき本当に感謝の一言です!!

ありがとうございました。 離島のナースも頑張ります!!

 P1070105

5月23日(水)看護師特定行為研修を終えて

 20190523

みなさん、特定行為に係る看護師研修制度が開始されたことをご存じですか??

 

これは、2025年の超高齢化社会や在宅医療の推進を図るために特別な研修を受けた看護師が医師の作成した指示する手順にしたがって診療の補助行為を行い、治療や生活の両面から患者支援を充実させて行くことを期待できるものとなります。

 

種子島で中核的な役割を担う当院もこの問題に取り組むべく、平成30年度から鹿児島大学での看護師認定行為研修受講生を送り出しています。

 

研修を無事終了した2名(小川師長、丸野主任)の協力を得て、研修受講を目指した理由、研修の内容、受講して感じたこと等の報告会を開催できました。

 P1070091

e-ラーニングと毎月の泊まりがけの出校は大変でしたが、同期の仲間とともに知識を深め実践できることに達成感を味わうことができたそうです。今後は、院内で活躍の場を広げていくことになります。                    よろしくお願い致します!!

 

当日は、指導者でもある診療看護師の資格を持つ特定行為研修センター主任の福元幸志先生も駆けつけてくださり、講話も頂きました。 先生、ありがとうございました!!

 P1070093

早いもので、入職式が行われてからすでに2ヶ月。新入職員たちは配属された職場にすっかり馴染み、種子島医療センターの一員として成長してくれています。そんな頼もしい新入職員たちをご紹介します。病院で見かけたら、声をかけてくださいね。

管理栄養士

001 r baba hiyori 馬場 陽葉理
 BABA HIYORI
 管理栄養士/栄養室
 出身地 種子島
  
中学から大学まで陸上部で長距離走を専門としていました。「たねがしまロケットマラソン」のハーフでは歴代1位をとったこともあります。走ると気持ちがよく、ストレスが洗い流されていくようで、今も時々ランニングをしています。
管理栄養士を目指すきっかけとなったのも陸上でした。試合前は監督から食べ方を細かく指導されるので、食事の大切さを実感して興味を持つようになりました。種子島医療センターは、地元なのもありますが、実習した中で一番雰囲気がよく、患者さんへの接し方も温かく、栄養士が活躍できる職場だと感じています。制限のある中でも一人ひとりに最適な食事、楽しみにしてもらえる食事を提供したい。地元で信頼の厚い、食のスペシャリストになりたいと思っています。

看護師

002 n nakada sayaka  中田 彩弥加
 NAKADA SAYAKA
 看護師/2階病棟
 出身地 種子島
  
種子島の人の温かさが好きで地元を離れたくなかったこと。そして種子島医療センターで看護実習した時、先輩の働く姿に惹かれたことが入職の動機です。
特技はフラフープと絵を描くこと。フラフープは誰よりも長くできる自信があります(笑)。絵は今も好きで描いていますが、小中学校のスケッチ大会では賞をとり、看護学校のパンフレットの表紙を任されたこともあります。不器用ですが、いつも素直で、笑顔を欠かさず、どんなことにも積極的に取り組み、チャレンジしていきたいと思っています。
 
 
003 n yasumoto hibiki 安本 響
 YASUMOTO HIBIKI
 看護師/2階病棟
 出身地 種子島
  
小学校から高校までサッカーに夢中でしたが、それ以上に熱中してきたことがゲーム。寝ずに何時間でもできるその体力と集中力を、今度は看護にいかしたいと思います。地元の地域医療に興味があり、看護師の母が勤めるこの病院でバイトをさせてもらい、雰囲気がよく働きやすかったことが入職の理由です。 「安心して任せてもらえる医療従事者」を目指し、笑顔を絶やさずに、できることはすべて挑戦していこうと思います。「やればできる子」と言われてきたので、看護の仕事でも、きっとやれると信じています。
 
 
004 n huruta yuudai  古田 雄大
 FURUTA YUUDAI
 看護師/2階病棟
 出身地 種子島
  
大人しい、静かという印象を持たれがちですが、高校の3年間はバドミントン部で、きつい練習にもくじけず、楽しく過ごしました。沖縄の大学では、違うことにチャレンジしたいと三線サークルに所属し、楽譜を見れば弾けるようになりました。読書やゲームも好きで、看護師になろうと思ったのも、小説『神様のカルテ』がきっかけです。 地元で働くことが夢だったので、種子島医療センターに入職できてとても嬉しいです。2階病棟で急性期の看護に携わっていますが、忙しくても余裕を持って取り組み、急変に冷静に対応できる看護師になりたいと思います。
 
 
005 n yamaguti takahiro  山口 貴大
 YAMAGUCHI TAKAHIRO
 看護師/3階東病棟
 出身地 種子島
  
種子島医療センターには、小さい頃から看護師の母によく連れられ、母の働く姿を見て子供心に「かっこいいな」と誇らしかったのを覚えています。この道に進んだのも、そんな母と一緒に働きたいと思ったから。地元の看護師として、地域の方ともっと関わっていきたいし、優しい人でありたいと思っています。 そして将来、看護師となって良かったと胸を張り、選んだこの道を悔いのないように生きていきたい。今は旅行、映画、ファッションに興味がありますが、もっと熱中できるものをこれから見つけたいと思っています。
 
 
006 n nakazaki syouta  中﨑 翔太
 NAKAZAKI SYOUTA
 看護師/3階西病棟
 出身地 鹿児島県垂水市
  
笑顔でいること。これは祖母からの教えで、常に心がけています。そのせいか、よく「優しそう」と言われます。特技は7年間続けたソフトテニスと、寝ることです(笑)。 看護師を目指したのは、病気を患う父に寄り添いたいと思ったからです。インターンで種子島医療センターを訪れ、雰囲気の良さに、ここで働きたいと決めました。仕事では誠実でありたい、患者様に寄り添い、安全・安心を与えられる医療従事者でありたい。これからは看護技術のスキルアップを計りながら、マリンスポーツにもチャレンジしたいと思っています。 
 
 
007 n kawano miku  河野 未来
 KAWANO MIKU
 看護師/3階西病棟
 出身地 福岡県北九州市
  
特技は小学6年生から9年間続けたバレーボールで、そこで学んだのは連帯感と忍耐力。今、一番はまっているのは、旅行とお菓子。よく一緒にいて楽しいと言われます(笑)。 福岡出身の私が、種子島医療センターを選んだのは、職場の雰囲気が明るく、福利厚生が充実していたところ。マリンスポーツを始め、趣味がたくさん見つかりそうだったことも魅力でした。ここなら仕事もプライベートもバランスよく生活ができると感じました。患者さんや職員の方たちとスムーズにコミュニケーションが取れ、みなさんに信頼される看護師になれるように頑張ります。
 
 
008 n katou minami  加藤 南
 KATOU MINAMI
 外来看護師
 出身地 福岡県飯塚市
  
これまで熱中してきたことは和太鼓。料理とお菓子作りが得意です。自覚しているのは、自分が“天然”だということ。「突然おかしなことを言う」と言われますが、私はいたって本気です。 種子島医療センターのことはホームページで知りました。夏休みに2、3回訪れ、働きやすい職場環境と豊かな自然に包まれた生活環境に、すっかり心奪われて。母も私が慣れるひと月の間だけ一緒に暮らしましたが、ここに住みたいと言っていました。看護師として頑張りたいのは、患者さんとの信頼関係を築き、知識と技術を深めて安心感を与えられる存在になることです。 
 
 
009 n satake yuta  佐竹 勇太
 SATAKE YUTA
 外来看護師
 出身地 宮崎県延岡市
  
離島で暮らすことが夢でした。さらに離島医療、地域医療にも触れてみたくて、種子島医療センターで働くことを決めました。自分の特徴を語るとしたらヒゲが濃い、不器用。学生時代はハンドボールに熱中し、今は筋トレにはまっています。 本来アウトドア派である僕にとって、海も森もある種子島は理想の環境です。プライベートが楽しければ、仕事も頑張れるというのが僕の信念なので、釣りにも挑戦したいと思っています。今は、環境に早く馴染み、丁寧な仕事を心がけたい。そして、患者さんがつらい時、苦しい時に頼ってもらえるような医療従事者でありたいと思っています。
 
 

理学療法士

010 p takeuchi tomoka  竹内 友香
 TAKEUCHI TOMOKA
 理学療法士/リハビリテーション室
 出身地 佐賀県
   
病院のパンフレットを見て現地見学会へ参加しました。職員のみなさんがとても温かく、働く環境と海の美しさは予想以上。帰る頃にはここで働こうと決めていました。特技はサッカーのリフティングを50回以上できること。学生時代はソフトボールに熱中したアウトドア派で、これからはサーフィンにも挑戦したいとワクワクしています。 自炊と趣味、そして仕事も全力で頑張ります。常に向上心を持ち、より高い知識や技術を身につけることを目標に、まずは促通反復療法を練習していきたいと思っています。
 
 
011 p tawaki runa  田脇 瑠奈
 TAWAKI RUNA
 理学療法士/リハビリテーション室
 出身地 鹿児島県鹿屋市
  
趣味は散歩で、何も考えずにボーッと過ごすのが好きです。学生時代は陸上一筋で、小学校の大会ではハードルで市の記録を出したこともあります。高校では七種競技に夢中でした。怪我にも悩まされましたが、陸上での経験を生かしたいと思うようになり、理学療法士の世界へ飛び込みました。 最初の一歩を種子島医療センターに決めたのは、病院の理念、充実したリハビリテーション体制、そして島の美しさ。とくにエメラルドの海には感動しました。これからは臆せずいろんなことにチャレンジし、常に患者さんのことを考え、学ぶ姿勢を忘れないようにしながら、全力で頑張ります。
 
 
012 p nakayama kouhei  中山 航平
 NAKAYAMA KOUHEI
 理学療法士/リハビリテーション室
 出身地 福岡県
  
小学校ではバスケットボール、中学校ではハンドボールや陸上競技に熱中していました。スポーツは全般的に好きですが、特に球技が得意で、アニメやゲームにもはまっています。何をするにも、まずその理由を探してから行動する慎重派。そのせいか、「少し変わっている」と言われます。 知っている人が誰もいないところで生活をしたかった僕にとって、種子島での暮らしは、冒険のようでもあり楽しい。将来の目標は、「この人が担当でよかった」と思ってもらえる理学療法士になること。失敗しながらも成長していけるよう奮闘中です。
 
 
013 p yoshizato kouichi  吉里 公一
 YOSHIZATO KOUICHI
 理学療法士/リハビリテーション室
 出身地 熊本県
  
体を動かすことが好きで、中でも、一日中水の中にいても平気なくらい、泳ぐことが好きです。人からはよく「もの静かだね」と言われます。実際、人ごみが苦手で自然に触れている方が心が落ち着くため、時間があると海や草花を見ながらひとりで散歩していました。 「働くなら自然に囲まれた場所」と決めていたので、種子島医療センターは自分の希望にぴったりでした。早く一人前になって、しっかりと患者様のお手伝いができるようになりたい。これからスキューバダイビングにも挑戦したいし、ここでしか得られない経験をたくさんしていきたいと思います。 
 
 
014 p mishima ryusei  三島 隆聖
 MISHIMA RYUSEI
 理学療法士/リハビリテーション室
 出身地 三重県桑名市
  
高校まで野球少年で、ピッチャーをしていました。そこで鍛えられたのは鋼のメンタル。少々のことではヘコタレません。三重県から種子島まで、ひとりで車を運転してこられたのも、そのおかげだと思う。自分のことを評価するなら社交的。人とすぐに仲良くなれて、人脈を広げるのが得意ですが、突飛な行動のせいか、友人たちからは「頭がおかしい」と言われます(笑)。ここに入職を決めたのは、誰ひとり知らない土地で、災害医療を学びたかったから。与えられたチャンスはすべてつかみ、仕事を任せてもらえるようになりたい。そして患者様の能力を最大限引き出すことのできる理学療法士になりたいと思います。 
 
 
015 p irie nobuyoshi  入江 宣圭
 IRIE NOBUYOSHI
 理学療法士/リハビリテーション室
 出身地 福岡県
  
得意なのは料理。3年半、飲食店でアルバイトをしていたので、焼き鳥でも刺身でもなんでも作れます。だから一人暮らしでも困らないし、休日は手の込んだ料理を作るのが楽しみです。ダーツに夢中で、ある大会で3位に入賞したほど、はまってます。理学療法士を目指したのは、東日本大震災がきっかけでした。自分も人を助けられる仕事をしたいと思ったから。就職先に種子島を選んだのは、知り合いのいない、頼る人のいない場所で、成長したかったから。だから、毎日が勝負。どんなこともチャレンジしていきたい。仕事では創造する力を大切にし、未来を創造する医療従事者となるために一生懸命取り組みます。
 
 
016 p kobayakawa aoi  小早川 葵
 KOBAYAKAWA AOI
 理学療法士/リハビリテーション室
 出身地 福岡県北九州市
  
いつも大切にしていることは、1日1回大笑いすること。今は、同期のおかげで、爆笑しない日はありません。種子島は、父がよく釣りに行っていたので親しみがあり、種子島医療センターを見学した時にスキルアップに理想的な環境であることがわかったので、ためらいはありませんでした。 趣味は一眼レフで人を撮ることですが、もっと島ライフを楽しむために大型二輪の免許も取りたいと思っています。目指すのは、疼痛で苦しむ方を根本的に治せる理学療法士になること、患者様やご家族に「あなたで良かった!」言ってもらえることです。まずは「小早川」を覚えてください。
 
 
017 p endou ituki  遠藤 樹
 ENDOU ITUKI
 理学療法士/リハビリテーション室
 出身地 種子島
  
何よりも運動をすることが好き。テニスは小学生の頃から今までずっと続けています。種子島医療センターには、田上病院の頃からお世話になっていて、理学療法士という仕事もここで知りました。運動好きな自分にぴったりだと思ったし、この島を離れたくなかったので、いつしか種子島の人たちのために理学療法士として働きたいと思うようになっていました。実は、院内サークルやスポーツが盛んで、イベントが多いのも魅力でした(笑)。 自分が理学療法士であることを、自信を持って言えるようになりたい。そのためにも患者様との信頼関係を大切にし、日々成長していけるよう頑張ります。
 
 
018 p motoi sakiko  基 早紀子
 MOTOI SAKIKO
 理学療法士/リハビリテーション室
 出身地 鹿児島市
  
特技はピアノ。中学時代にはバドミントンに夢中で、高校時代は吹奏楽部でホルンを吹いていました。「真面目そう」と言われますが、休日はYouTubeを見たり、スマホゲームをしたりして過ごしています。種子島医療センターのことは、専門学校の先生から教えていただき、離島ならではの医療に興味を持ちました。幅広い疾患の患者様を、さらに急性期から生活期までトータルリハビリテーションを行っていることを知り、ここなら自分の思い描く理学療法士として成長できると感じました。いつも笑顔を忘れず、患者様のわずかな変化にも気付ける医療従事者を目指しながら、今は、種子島での生活を楽しんでいます。
 
 
019 p masuda kanae  益田 可奈絵
 MASUDA KANAE
 理学療法士/リハビリテーション室
 出身地 兵庫県  
 
両親が鹿児島の徳之島出身で、夏休みになるとおばあちゃんに会いに行っていました。島の雰囲気が大好きで、離島暮らしに憧れていて。そんな時、種子島医療センターの求人を知り、希望どおりの環境に「ここだ!」と入職を決めました。海に潜ったり、スキューバダイビングをしたり、種子島の海を楽しみしたいです。周りの人からは自由奔放、家族にも自由すぎると言われますが、そんなことはありません。常に学ぶ姿勢を大事にして、知識や技術の向上を目指します。急性期から地域包括期まで一連のリハビリテーションを経験したら、訪問リハビリテーションにチャレンジしたいと思っています。