スタッフブログ

西之表消防署の方を講師にお招きして、9月28日乳幼児の心肺蘇生、異物誤嚥時の対処法について

研修会を開催しました。

 

DSC 0267

DSC 0269

DSC 0266

 

子どもたちの緊急時に慌てることなく対応が出来るように、日々学んでいきたいと思います。

9月26日 昨年に引き続き、院内認知症ケア研修会を開催しました。

 

今回は、せいざん病院副看護部長の西田多美子さんの基調講演のあと、せいざん病院の有志と当院選抜の職員で構成された、にこにこ笑劇団による寸劇を披露して頂きました。

 

            P1070365            IMG00198

 

西田さんの講演からは、認知症看護の原則である患者への安心感を与えるケアの実践が大事であると再認識しました。具体的な技法として、カンファーダブル・ケアの技法を学びました。

 

後半のにこにこ笑劇団の寸劇では、

どの病棟でも苦慮しているせん妄患者への対応についての場面を取り上げ、

 スタッフの悩み、患者さんの思い、スタッフカンファの重要性、対応の実践と効果を表現して頂きました。

 

             P1070362          P1070363

 

初顔合わせのほぼぶっつけ本番でしたが、見事なチームワークを発揮してくれました!!

 

会場の職員だけでなく、なんと病院長をも巻き込むなど驚きの度胸と愛嬌で会場は大いに盛り上がり、

うなずきあり、笑いあり、涙は無し?の楽しい研修会を開催することができました。

 

IMG00199

 

認知症の患者さんもみんな今まで生きてきた人生があります。

看護者は、人生の先輩としてねぎらい、笑顔で接することで、患者も落ち着き笑顔になる・・・

その笑顔で看護者も笑顔になる・・・      そんなケアがしたいと改めて思う研修会でした。

 

 IMG00202

 

せいざん病院さんは、今年の春には、認知症疾患医療センターの看板を掲げ、精力的に認知症ケアに取り組んでいます。

私たちも連携を強化させて頂きながら認知症ケアに邁進していきたいと思います。

本当に貴重で楽しい研修会をありがとうございました!!

 

IMG00203 HDR

              9月26日、小児科 長濱 潤先生による退職講演会が行われました。

 

           異動の数日前に退職講演会の依頼となってしまいましたが、当直と送別会の合間を必死で、

            原稿をまとめていただき、痙攣とてんかんについて分かりやすくご講演いただきました。

 

 P1070352

 

                   小児の場合、保護者も慌ててしまうので、発作の継続時間、発作の動作・開始・部位・  

                  動きのタイプ、何をしている時に始まったかを観察することが重要とのこと。

 

                最後にお話いただいた種子島での思い出では、先生の優しいお人柄が伺えました。

 

P1070361

 

              1年3ヶ月間ありがとうございました。

昨年夏、見学実習にやってきた、帝京大学の廣邊君と西井君が今年はなんと・・・

総勢17名で種子島医療センターにやってきました。

             1536828290621      1536828282990

 

救急外来、小児科外来、急性期病棟、地域包括病棟、回復期リハビリ病棟、訪問看護ステーション等の

部署をそれぞれの希望にそって、見学実習することで、救急の受け入れから在宅療養の場まで

サポート体制が構築できている、まさに地域包括ケア病棟の縮図ともいれる当院への見聞を

深めてもらいました。当院自慢の最先端のIT技術の運用にも驚きでしたね!!

   IMG 20190904 101413  IMG 20190904 102241

     IMG 20190912 152451    P1070258

 

反省会では、患者さんへの声掛けがとにかく優しい!距離が近い! 

患者背景の情報収集や共有が半端ない!他職種が勤務していておまけに仲がいい!

患者さんにも職員にも優しい環境がそろっている!等々当院で実践している医療看護のよい点を

たくさん感じてもらえてとても嬉しく思うことでした。

 

都会では体験できない多くの場面に感動してくれましたが、医療は地域のニーズにより役割や機能が違うのだということも理解できたと思います。

 

アッという間の1日でしたが、当院での見学実習が皆さんの看護者としての成長の一助となれば幸いです。

 

             IMG00178       IMG00179

熱心にオリエンテーションをして下さった先生方、師長さん、担当スタッフの皆さん、

本当にありがとうございました!!

 

余談ですが・・・

病院見学日以外は、海の家でのんびり過ごしたり、ドライブしたり、海に飛び込んだり?!で

島の生活を満喫したようです。

病院食堂で食べた日替わりもさることながら、スーパーで買ったうまかっちゃん(インスタントラーメン)は美味だったとか・・・(笑)

 

東京に舞い戻り、早速実習という現実に突入している3年生、頑張って乗り越えてくださいね!

 

8月17日(土曜)、恒例の「わらび苑なつまつり」が開催されました。
榕城小学校の児童による種子島鉄砲太鼓で祭りは華々しくスタート。暑さを吹き飛ばす迫力ある演奏に、みなさんも聞き入っていました。

わらび苑なつまつり1 わらび苑なつまつり2 わらび苑なつまつり3

華やかなフラダンス、プロさながらのカラオケショー、恥ずかしげに踊る姿がキュートな男子フラが気分を盛り上げます。

わらび苑なつまつり4 わらび苑なつまつり5 わらび苑なつまつり6

祭りには欠かせない日本舞踊、吉本芸人顔も負けのお笑い、「もう飽きました」という合いの手にも負けず披露されるマジックショー、子供ひょっとこの腰つきも可愛らしい「ひょっとこ踊り」と続き、祭りは最高潮。演目では弾き語り やピンクレディの「UFO」と、わらび苑職員の個人芸のレベルの高さも見せつけてくれました。

わらび苑なつまつり7 わらび苑なつまつり8 わらび苑なつまつり9

わらび苑なつまつり10 わらび苑なつまつり11 わらび苑なつまつり12

豪華な手作りの花火大会、プレゼントの抽選会の後、職員による総踊りでフィナーレを飾り、今年も熱い祭りが終わりました。