// トップページ/サイドスライダー
求人情報|社会医療法人義順顕彰会 種子島医療センター 現地施設見学会|社会医療法人義順顕彰会 種子島医療センター FaceBook|社会医療法人義順顕彰会 種子島医療センター Instagram|社会医療法人義順顕彰会 種子島医療センター

看護部

看護部の理念

◆安全・安心・案楽な生活への援助

1.私達は、地域の皆様の信頼に応えられる看護サービスを目指します。
2.私達は、明るく親しみの持てる看護サービスを目指します。

◆看護部目標(H28年度)

1.専門職として確かな知識と技術で安全で質の高い看護を提供する。
2.安定した職場環境を確保し、活気ある職場を作る。
3.病院経営へ積極的に参画する。

看護部組織

◆看護体制

  • 一般病棟入院基本料 10対1
  • 地域包括ケア病棟入院料 13対1
  • 回復期リハビリテーション病棟入院料(Ⅱ) 15対1
  • 急性期看護補助体制加算 25対1
  • 医師事務作業等補助体制加算 25対1

◆看護方式

  • 固定チームナーシング

◆看護組織図

看護部組織図(PDFファイル:54KB)
看護部組織図

看護部継続教育

看護部継続教育(PDFファイル:102KB)
◆正看

段階目的目標
1年目 1. 病院の組織・方針を理解できる
2. 先輩の指導を受けながら、基本的な看護の実践ができる
①組織の一員としての役割を理解し行動することができる
②看護の基礎知識・技術を身につけ、安全・確実に実践できる
③業務の優先度を判断して仕事ができる
④正確な看護記録ができる
⑤看護計画を立てることができる
2年目 1.チームリーダーの役割を理解できる
2.個別的な看護を計画し、安全・安楽な看護を提供できる
①チームリーダのあり方を理解し、リーダーに協力できる
②救急看護の知識と技術を身につけ、確実に実施することができる
③個別性のある看護計画が展開できる
④専門分野の看護を深めることができる
3年目 1.自己の看護観を確立し、看護的視点を深めることができる
2.新卒看護師の支援者としての役割を果たしながら、共に成長できる
①リーダーシップを発揮し、円滑なチームの推進力になれる
②自己の看護観を明確にできる
③後輩への指導ができる
5年目以上 1.チーム内での自分の役割を理解し、リーダーシップが発揮できる
2.上司と協力して職場の問題解決を図ることができる
①メンバーの能力に応じた指導・援助ができる
②社会や医療への変化に対応した看護を実践するための専門的知識を身につけることができる
主任 1.看護の現状を振り返り、効果的なチーム運営の方法を考えることができる ①現状の問題を明確にすることができる
②円滑な人間関係を図りながら、積極的に看護を展開するためのチーム運営方法を学ぶ
師長 1.質の高い看護を提供するために、看護業務全体およびスタッフの質的向上を図るための管理実践能力を高めることができる ①現状の問題点を把握し、問題解決が図れる
②円滑な人間関係を図りながら、積極的に看護を展開するためのチーム運営ができる
③看護管理に必要な指導力を養うことができる

◆准看

段階目的目標
1年目 1.病院の組織・方針を理解できる
2.看護師の指導を受けながら、基本的な看護が実践できる
①組織の一員としての役割を理解し行動することができる
②看護の基礎知識・技術を身につけ安全・確実に実践できる
③看護記録ができる
2年目 ①業務の優先度を判断して仕事ができる
②正確な看護記録ができる
③チームメンバーのあり方を理解し、メンバーとしての役割を果たすことができる
3年目 1.メンバーシップを発揮し、看護とは何かを考えながら個別的な看護が実践できる ①救急看護の知識と技術を身につけ、実践することができる
②看護師の助言を受けながら看護計画を立てることができる
5年目以上 1.チームリーダーの役割を理解できる
2.自己の看護観を深めることができる
①チームリーダーのあり方を理解し、リーダーに協力できる
②自己の看護観を明確にできる

◆看護助手

看護助手 1.看護チームの中での役割を意識するとともに看護師の指導を受けながら患者への援助が適切にできる ①チームワークの重要性を理解し、マナーを身につけて相互の連帯感を深める
②チームメンバーの一員として協力することができる

研修会実績

研修会実績(PDFファイル:195KB)


看護師の求人情報

当院は鉄砲伝来とロケット基地そしてマリンスポーツで有名な種子島の北部に位置し、
診療科26科を有する地域の中核病院です。
「種子島の医療は種子島で」をスローガンに、総合的な医療の提供に努めています。
最新の医療設備の導入にも積極的で、 H16年に電子カルテの導入、H23年にシステムが
更新され、業務の効率化も図られました。
また、ワーク・ライフ・バランスを大切にした働きやすい職場作りにも力を入れており、
患者様だけではなく職員にも優しい病院を目指しています。
皆様とともに看護する喜びを経験し、心に残る看護を重ね、成長出来ればと思います。
豊かな自然あふれる種子島で、是非一緒に働きましょう。

看護局長 山口智代子

⇒詳しい求人情報はこちら

認定看護師・有資格者

種子島医療センターでは、認定看護師が活躍しています。

  • 感染管理認定看護師 下江 理沙

下江 理沙

 私は、病棟や手術室勤務の経験から、安心安全な医療の提供と患者さんへのケアを実践は、 感染対策が整った環境作りが基本であることを学びました。 そして、感染管理について学ぶ機会をいただき感染管理認定看護師の資格を2016年に取得しました。
 役割は、病院における患者さんや家族、医療従事者を感染から守ること、 そのための効果的な予防及び管理を実践するために感染管理を全職員と 連携し取り組める環境づくりを率先することです。 感染対策の現状の把握(感染症の動向や感染対策の実施状況を分析・評価)のもと 継続・改善の実施を院内感染対策委員が中心となり取り組めることを頑張っていきたいです。
感染管理認定看護師 下江 理沙  
  • 3学会合同呼吸療法認定委員会
     呼吸療法認定師 坂下 紀子

坂下 紀子

 以前呼吸器病棟にいた私は、分らないことばかりで、迷惑ばかりかけていました。 そんな中、上司から呼吸器専門ナースとして極めてみないかと勧められたのがきっかけです。 初めは難しくて辞めようかと考えることも多々ありましたが、勉強を続けていくうちに 少しずつ知識が広がりやりがいを感じるようになり、今では頑張ってよかったなと思っています。 まだまだ分からない事ばかりですが、少しでも皆さんのお役に立てるよう頑張っていきたいと思います。
呼吸療法認定師 坂下 紀子  
  • 日本消化器内視鏡学会認定
     消化器内視鏡技師 野久保 逸代

野久保 逸代

 私は、午前パート勤務時ローテーションで内視鏡室に配属されたのをきっかけに、内視鏡検査や治療処置にはコメディカルとして専門知識を身につけた技師資格者の必要性を感じました。 13年前に消化器内視鏡認定技師を取得しましたが、5年毎の認定更新の為に研修会や学会への参加で新しい情報や器材器機を知ることもでき、現状改善にもつながっています。 検査件数も増え検査や処置に追われる日々もありますが、安心して受けられる内視鏡検査を今後とも提供していきたいと思います。
日本消化器内視鏡学会認定 消化器内視鏡技師 野久保 逸代  
  • 日本医療機器学会認定
     第2種滅菌技師 田上 幸二
     第2種滅菌技師 山崎 光彦

田上幸二・山崎光彦

 中央材料室・手術室で勤務する中で本当に今まで適正な洗浄・消毒・減菌が出来ているのか?適正な感染管理が出来ているのか?
疑問も多く、専門的な知識が必要だと考え第2種減菌技士を目指しました。
 現在は、減菌技師会と鹿児島減菌を考える会のサポートの基で中央材料室での適正な洗浄・消毒・減菌業務の改善と外来、病棟での減菌物の管理・指導にスタッフと連携を図りながら活動をしています。
今後は当院での感染管理の中心となり患者様、スタッフの安全のために院内感染防止に努めていきたいと思います。
日本医療機器学会認定 第2種滅菌技師 田上 幸二 , 山崎 光彦  
  • 3学会合同呼吸療法認定士
     臨床工学士 細山田 重樹

部署紹介

当院は島内で唯一脳神経外科を設置しており、救急告知病院でもある為、24時間緊急入院に対応している。そのため、脳神経外科及び整形外科、外科、の周手術期の管理、意識障害患者など迅速で高度の観察力と看護技術が必要とされる。また、急性期の管理のほかに、癌の化学療法・緩和ケアにも積極的に関わっており、個々の患者様に合わせた看護を提供出来るよう努力している。
さらに、高齢な患者様、運動障害、言語障害、排泄障害などの後遺症を有する患者様が多く、安全への配慮と自立に向けた援助に心がけている。

看護師長 橋口 みゆき

2階病棟集合写真
高齢で複数の疾患を有する患者様が多く、疾患の病態整理の理解と輸液・服薬管理、的確な観察力が求められます。なかでも心臓カテーテル検査の導入により心筋梗塞の治療が大幅に変わり看護師にも高度な知識・技術が要求されるようになりました。
また、認知症や寝たきりなどのためADL全般または部分的に援助を必要とする患者様も多く、リスクの予測や患者の特性や状況に応じた看護提供が出来るように、常に学習の成果を自らの看護実践に活用しています。退院指導、糖尿病の自己管理指導は受け持ちを中心に指導の充実を図っています。
3階東病棟集合写真
 眼科については、4~5人の同日手術となる為、医療事故防止に関して細心の注意を払っています。また、入院期間が短期間であり退院後の点眼など自己管理の指導を積極的・効率的に行なう必要がありますので、さらに力を入れて行きたいと思います。

看護師長 瀬古 まゆみ

地域包括ケア病棟では、主に一般病棟(2階病棟・3階西病棟)での急性期治療を終えた患者様を対象に、在宅復帰へ向けた体調管理、リハビリテーション、退院後の社会サービスの調整などを行っています。また当病棟では「病気に勝とう!」と言う名目のレクリエーションを実施しており、体操や歌・脳トレーニングなどに、多くの患者様が楽しみながらリハビリテーションに参加しています。
医師・看護師・リハビリテーションスタッフ・医療社会福祉士により入院患者様の状況検討を行い、患者一人ひとりにあったケアを提供できるように努めています。患者様の入院生活が、在宅復帰に向けて、充実したものになるよう地域包括ケア病棟スタッフ一同お手伝いいたします。

看護師長 園田 満治

3階東病棟集合写真
入院患者様は、主に整形疾患が72.1%、脳疾患が20.9%、内科疾患及び外科疾患7%となっています。
医師・看護師・リハビリテーションスタッフ・医療相談員が共同して、機能回復や家庭復帰を目指した生活動作訓練のためのリハビリテーション計画を作成し、集中的にリハビリテーションを行っています。

看護師長 山口 さつき

4階病棟集合写真
24時間緊急手術受け入れ体制をとり、休日・時間外の手術にも対応しています。 常に患者様の安全・安心・安楽を念頭におき、手術室入室から退出まで声がけを行い、不安の緩和と信頼関係を保てるように心がけています。 また、感染防止に努め手術室内は常に清掃、消毒を完璧に行なうように努めています。

手術室室長 大谷 常樹

手術室集合写真
多様な疾患・病態の患者様に対して、安心・安全に診療を受けていただけるよう、 多職種と連携を密に取り協働しています。入院して行われた治療や検査も、 外来で行うことが出来るようになり、外来通院でも患者様が安心して診療や検査、 治療が受けられるよう努めています。
 救急外来では、2次救急病院として24時間対応をさせて頂いています。 外来スタッフは積極的に研修会に参加し、救急対応や専門的知識・技術の習得に努め、 良質な看護の提供を目指して日々奮闘しています。

看護師長 山之内 信

 外来集合写真 外来写真