中央放射線室

画像診断室

画像診断室について

患者さまの期待に応えるために
高度な診断から高度な治療まで全てをサポート。

最新鋭320列CT装置の導入をはじめとする最新の診断から、治療、手術に至る全てを一貫してサポートします。また、必要な検査、必要な治療にもお応えします。
他の病院に再紹介することなく、最初からお戻りになるまでの間の"必要な診断"、"必要な治療"、"患者様の安心"が得られるまでの支援を当院にて責任を持って行います。

画像診断室について

患者さまにやさしい循環器診療の流れ(冠動脈CT検査を軸とした場合)

冠動脈CT検査はカテーテルを使用せず肘静脈からの注射(造影剤)のみで検査します。

患者さまにやさしい循環器診療の流れ(冠動脈CT検査を軸とした場合)

最新設備

患者さんの負担や被曝を軽減。
最新鋭の320列CT 装置「Aquilion ONE」を導入しました。

Aquilion ONE

一番の特長は、世界一広範囲の撮影を可能とした320列面検出器を搭載することで、従来のマルチスライスCT装置に比べ、検査時間が飛躍的に速く、しかも身体の内部をより細く検査できることです。
これまでは、動きがあって描出が困難であった心臓の血管(冠動脈)も、極めて鮮明な画像で診断が可能になりました。それゆえ、今まで血管造影装置(アンギオ)で行われていた検査が、この最新鋭のCTで簡単に行えるようになりました。
しかも、造影剤の量や放射線被曝も半減できますので、患者様の負担が圧倒的に少なくなります。
また検査では、造影剤を注入する際に、静脈注射だけで済みます(従来のようにカテーテルを血管内へ挿入する必要もありません)ので、より安全に診断することができます。

今までのCTから、こんなに変わりました

  1. 16cmの広い範囲を0.5mmの細かさで、1回転わずか0.35秒で撮像(検査)できるので、
    • 心臓のような動きの早い臓器を正確に捉えることができます
    • 血液の流れを正確に捉えることができます
    • 被ばくや体に注入する造影剤を大幅に削減できます
  2. 撮影時間が短縮できるため、造影剤の使用量を低減できます。
  3. 心臓検査では今までの64列マルチスライスCTに比べ、1/4程度に低減が可能です。
  4. 16cmの撮影範囲を何度も繰り返し撮影することで、臓器全体の機能診断も可能になります。

新しい320列マルチスライスCTは撮影範囲が広い!

従来の64列マルチスライスCT

  • 心臓が一部しか入らなかった
  • 患者様を移動させながら撮影(ベッドが移動)

最新の320列マルチスライスCT

  • 心臓がすっぽり入るほど広範囲に
  • 患者様を固定するのでベッドの移動無し
  • 撮影時間が約1/25に(約7秒→最短0.35秒)
  • 造影剤量は従来の約半分
  • 被ばく線量は最大1/4程度まで落としました
 

撮影時間の違い

撮影時間の違い

心臓カテーテル検査と心臓CT検査の比較

 心臓カテーテル検査心臓CT検査
検査時間 約30分 最短0.35秒
入院 (原則的に)必要 不要(外来受診可能)
造影剤アレルギーの危険 あり あり
費用(3割負担) 5~10万 1万
費用(2割負担) 4~9万 6~7千円
費用(1割負担) 2~3万 3~4千円

こんな検査で効果を期待できます

頭部検査

頭部検査

脳動脈瘤(りゅう)では形状や大きさを、くも膜下出血では脳動脈瘤が破裂した状態が描出でき、脳梗塞(こうそく)では血管の詰まり具合や血流がどの程度減少しているのかを迅速に把握できます。
【脳動脈瘤:脳動脈の壁が膨れてできたこぶ】


循環器検査

循環器検査

狭心症や心筋梗塞では冠動脈(かんどうみゃく)が石灰化やプラークによって詰まり、動脈硬化を起こします。この冠動脈内の詰まり具合や血流がどの程度減少しているのかを迅速に把握できます。
【プラーク:血管の内側に長時間を掛けて血流の流れにくくしてしまう、血管内のゴミのようなもの】
【冠動脈:心臓の筋肉に酸素や栄養を運ぶ血管】


がん検査

がん検査

放置すると死亡に至る可能性の高いがんを見つけ、このがんの血管造成・新生などの情報を この検査で得ることによって、腫瘍診断や治療方法・効果の判定など、がん診断の向上が期 待できます。効果的な治療方法を確立できることで、救命が可能になります。


小児検査

小児検査

CT検査を受ける場合、鎮静剤や麻酔等が使用して眠らせて(動かないようにして)撮影をしていました。泣いている新生児や状態が悪く動いてしまう可能性がある幼児でも、鎮静等をせずに検査が行うことが可能になります。また1度に16cmを撮影できますから従来検査では複数回撮影した検査でも1度で終了することが可能になります。