// トップページ/サイドスライダー
求人情報|社会医療法人義順顕彰会 種子島医療センター 現地施設見学会|社会医療法人義順顕彰会 種子島医療センター FaceBook|社会医療法人義順顕彰会 種子島医療センター Instagram|社会医療法人義順顕彰会 種子島医療センター

リハビリテーション室

超急性期から生活期までの「トータルリハビリテーション」
   ~最大限の機能改善とその人らしい生活の支援~

リハビリテーション室 スタッフ集合写真

リハビリテーション室の理念

「尊重」「会話」「発信」「共歓」

リハビリテーション室の目標

◆平成29年度年間目標
患者様にとって有益をもたらす専門性を追究します!

組織・施設基準

◆組織図

リハビリテーション室組織図

◆施設基準

  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 運動器疾患リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 廃用症候群リハビリテーション料(Ⅰ)
  • がん患者リハビリテーション料
  • 回復期リハビリテーション病棟入院料Ⅱ
  • 地域包括ケア病棟入院料Ⅰ
  • 退院前訪問指導料
  • 退院時リハビリテーション指導料

リハビリテーション室の紹介

リハビリテーション室は、理学療法士(Physical Therapist:PT)27名、 作業療法士(Occupational Therapist:OT)15名、 言語聴覚士(Speech Therapist:ST)9名、 鍼灸指圧マッサージ師2名、指圧マッサージ師1名、助手2名の56名で構成し、 それぞれの専門性を活かした総合的なリハビリテーションを行っております。 対象の患者様はこどもさんから超高齢者まで様々な年代、様々な疾患、 急性期から回復期・生活期の病期の方々へ「トータルリハビリテーション」を提供しています。
患者様のほとんどは種子島の方であり、患者様が1日でも早く種子島の住み慣れた地域へ戻り、 安心して生活していただけるよう院内のみならず院外の他職種と力を合わせ、最大限の支援をさせていただきます。

リハビリテーション室 部長兼室長 理学療法士 早川亜津子

鹿児島大学大学院医歯学総合研究科医科学 修士課程修了
日本理学療法士協会 管理・運営認定理学療法士
回復期セラピストマネジャー

早川亜津子さん写真


PT 理学療法理学療法

 理学療法とは・・・
 病気やけが、脳卒中後の麻痺などによって、身体の運動機能が低下した方に対して、運動機能の改善を目標に、 筋力トレーニングやバランス練習、歩行練習などの運動療法、また、温熱、電気療法などの物理療法を用いて行われる治療法です。
続きを表示する
理学療法士集合写真

OT 作業療法作業療法

 作業療法では、脳卒中後の麻痺や高次脳機能障害、事故などで身体が不自由になった人、その他の病気などで心身に障害を持った人に対して、 日常生活動作(食事、入浴、整容、更衣、トイレなど)や日常生活応用動作(調理、洗濯、掃除、趣味活動など)に必要な心身機能の改善を図ります。 また、退院後の生活を想定し日常生活を送る上で、活動や参加に必要な動作の獲得を目指します。
続きを表示する
作業療法士集合写真
 

ST 言語療法 言語療法

 わたしたち言語聴覚士は、何らかの理由によってコミュニケーションや食べることに問題を抱えている方およびそのご家族の支援をします。
続きを表示する
言語聴覚士集合写真

片麻痺回復のための促通反復療法「川平法」のご案内

リハビリテーション室では脳卒中片麻痺患者の治療に促通反復療法を取り入れています。

 これまで、脳卒中による片麻痺(かたまひ)は機能回復が困難とされてきましたが、脳の可塑性(損傷を免れた他の部位が損傷した部位の役割を補うこと)が、従来考えられていたよりもはるかに大きく短期間で生じ得ることが明らかとなり、治療次第では回復が見込める可能性があるとされています。

促通反復療法「川平法」とは、川平和美氏(鹿児島大学名誉教授、促通反復療法研究所「川平先端ラボ」所長)が促通手技によって随意運動を実現するために必要な神経路を再建/強化する事を目的とした神経路強化的促通療法(neuronal net constructive therapy)である。
さらに振動刺激や電気刺激を使用し、より効果的に患者様が意図した運動を実現できるように併用療法を実施しています。
これまで治療の難しかった軽度~中等度の片麻痺上肢、特に手指の麻痺の改善に効果があるとされている(効果には個人差があります)。
促通反復療法は、脳卒中治療ガイドライン2015(日本脳卒中学会 脳卒中ガイドライン委員会)においてグレードB「行うように勧められる」と推奨されています。
 当院の療法士は、当院で川平和美先生に直接指導を受けており、また数名の療法士は霧島リハビリテーションセンターで開催された2週間のPTOT研修に参加し、促通反復療法手技を学び積極的に患者様の治療に取り入れています。

川平法研修03
川平法研修集合写真
川平法研修01
川平法研修02
川平法研修03

寄稿文

鹿児島大学名誉教授 促通反復療法研究所(川平先端リハラボ)所長 川平 和美
「鉄砲に倣い、種子島から革新的リハビリテーションを全国へ」(PDFファイル)
(平成27年度の広報誌「飛魚」の寄稿文より)

リハビリテーション室の職員教育

◆業務編

  • プリセプターシップ制

◆知識編

  • 院内職員研修会 各学会発表
  • リハビリテーション室研究発表会
  • リハ室勉強会 症例検討会
  • 外部講師を招聘し研修会
  • 島外研修参加後の室内伝達講習会
  • 各所属士会の新人教育プログラム履修・修了
職員教育写真
職員教育2写真

有資格者

日本理学療法士協会 管理・運営認定理学療法士 1名
回復期セラピストマネジャー 1名
福祉住環境コーディネーター2級 2名
福祉住環境コーディネーター3級 1名
日本ACLS協会 BLSヘルスケアプロバイダー 4名
成人片麻痺認定基礎講習会修了者 1名
脳性まひ8週間基礎講習会修了者 1名
霧島リハビリテーションセンターPTOT研修(川平法)修了者 3名