IMG 5606

令和元年7月12日

福岡県北九州市で開催された「第1回九州作業療法学会」にて、ポスター発表を行ってきました。

発表演題は「当院におけるがんリハビリテーション対象者の動向」でした。

当院でのがんリハビリテーションの現状について発表させていただきました。質疑応答の中では当院についてだけでなく、他院での取り組みについても知る機会となりました。image1 11

学会会場では、佐賀県の就労継続支援施設のPICFAの方々によるライブペイントが行われるなど、講演や発表と併せて様々なイベントが行われていました。

9月12日、作業療法士Tさんによる伝達講習会がありました。

小児とのかかわり方について、感覚統合の視点から伝達がありました。

image1 コピー

小児との触れ合い方のきっかけを知る貴重な伝達をありがとうございました。

H29年9月5日、作業療法士Kさんによります症例発表が行われました。

タイトルは「安全な生活を送る~生きがいを継続して行うために~」です。

image1

image2

患者様の生きがいに焦点をあてた、興味深い発表でした。

発表お疲れさまでした。

9月3日に言語聴覚士のための新人教育プログラムがありました。

午前中は牧尾圭将先生から言語聴覚士協会の役割や研究の大切さについて学びました。

午後から池上敏幸先生から言語聴覚士による子どものご飯についてのリハビリテーションについて学びました。

下の写真は池上先生と当院の若き言語聴覚士です。

9.2ST1

9.2ST6

先生方ありがとうございました。

これからも自己研鑽を行っていきます。

6/14-17 OT立花が感覚統合認定講習会 C(治療)コースに参加してきました。

前後半に分かれており、前半は今回、広島の三原で

後半は12月で長崎で行われます。

 

実際にこどもさんとのセッションを通して、インストラクターの先生方からアドバイスをいただいてとても刺激的な数日でした。

島のこどもさんのために、いろいろ勉強していきます!!

tachibana OT

 

7.15 OT