消化器内科

消化器内科 診察

消化器内科では主に食道・胃・腸・胆のう・胆管・膵臓などの消化器領域の疾患を中心に診療を行っています。
消化器領域の疾患で頻度が多いものとして上部消化管(食道・胃・十二指腸)では逆流性食道炎や急性胃炎、胃・十二指腸潰瘍があります。
下部消化管(大腸)では虚血性腸炎や憩室炎や憩室出血、腸閉塞などがあります。
また、消化管の悪性腫瘍については早期診断、早期治療が重要であり、健康診断の2次精査やスクリーニング目的の上・下部消化管内視鏡検査を行い、早期診断・治療が行えるよう尽力しております。
病変が発見された場合、血液検査やCT検査などを組み合わせ、深達度や進展度など正確に診断し、内視鏡的治療が可能な早期胃がんや早期大腸がんについては内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)による病変のみの局所切除による治療を選択し、手術やその他の治療が適切と考えられる場合は、外科にお願いする様にしております。
胆のう・胆管・膵臓などの領域ですが、主に、黄疸症状が現れた時に、検査、治療を行っています。最も頻度が多いものでは、胆管結石による胆管閉塞です。
患者さんの状態を把握し、速やかに、そして安全に、内視鏡を用いた黄疸治療、結石除去を行っています。

 

消化器内科 内視鏡治療

この他、吐下血や血便、そして上述のような黄疸に対し、主に内視鏡を用いた緊急の対応も行っています。
もちろん、急性虫垂炎や、腸閉塞といいった、手術が必要となる状況にも、外科の先生方と密に連携を取り、迅速に対応出来るように、心がけています。

 

食欲不振や腹部違和感など調子がおかしいと感じたら早めにご相談ください。

 

 

担当医のご紹介はこちら

外来診療担当医表、休診・代診情報の詳細はこちら