消化器外科

消化器外科 診察

 診療している疾患は、手術などの処置を必要とするものが中心で、消化器の悪性腫瘍、鼠径ヘルニア、胆石症、急性中耳炎、胃潰瘍穿孔等の良性疾患、痔核等の肛門疾患、甲状腺や乳腺といった専門的知識を要する疾患、腹部、胸部、頭頸部の外傷、腸閉塞などの腹部救急疾患、マムシ咬傷等です。
どちらかといえば救急~急性期の疾患が中心となります。近年の話題と言えば、鏡視下手術の普及です。従来の開腹手術と比較して、手術侵襲少なく、創が小さいことで患者様からからも喜ばれております。急性中耳炎や胆石症、各臓器における早期癌の標準術式になりましたが、鼠径ヘルニアや胃潰瘍穿孔だけでなく、進行消化器癌へも腹腔鏡下手術の適
応が拡大してきています。

消化器外科 手術

当科でも担当スタッフで術前に適応を検討し積極的に行っております。これまで外科は、外傷や救急医療が中心でしたが、現在は「がん診療」の中心的役割をも担うことが多くなりました。「化学療法」も重要な外科治療の一つです。以前は切除不能進行癌に対して行われていた治療ですが、近年では術後補助化学療法はもとより、治療効果を上げるための術前化学療法を導入し、切除不能進行癌でも切除可能となるケースが見られるようになりました。外来化学療法にも積極的に取り組んでおり、「外来化学療法室」を運用しています。
島外からの紹介も増えてきており、「化学療法委員会」や毎朝行っている「外来化学療法カンファレンス」で院外のスタッフとも連携をとり、多臓器にわたる化学療法に対応できるよう整備しています。「緩和医療」も行っていましたが、これまでの毎週開催していた多職種による「緩和ケアカンファレンス」に加えて「緩和ケア委員会」を発足しました。これにより各科、各病棟を横断的にカバーできる緩和ケアチームを運用できる準備が整いました。これまでも終末期医療や症状緩和依頼の紹介入院が多く、対応に難渋することもありましたが、外来や入院、また疾患や診療科を問わず「いつでも、どこでも緩和ケア」が提供できるように整備していきたいと思います。

 

 

担当医のご紹介はこちら

外来診療担当医表、休診・代診情報の詳細はこちら