小児科

小児科 診察

 現在当院では3名の医師が診療にあたっており、種子島では唯一の日本小児科学会認定小児科専門医が専従常勤医として配置されている病院となっております。
診療はもとより、健診や予防接種事業にも積極的にかかわり、種子島の子供たちのトータルな医療、保健レベルの向上に貢献できるよう尽力しており、日々充実した毎日を送っております。また、お子様の急な疾患に対応できるよう日曜、祝日以外は外来診療を設けており、予防接種等も午後であれば原則予約なしでいつでも提供できるように配慮いたしております。 昨今では疾病以外にもちょっとした発達の相談や、思春期のお子さんの心の相談もお受けすることも多くなり、リハビリや心療内科

小児科 診察

と連携しての対応も多くなってきております。
なお、相談の多い食物アレルギーなどのアレルギー疾患については食物負荷試験を行う体制を整え、より適切で正確なアレルギー診療をご提供し、皆様のご期待に応えたいと思っております。お気軽にご相談ください。
また当院は種子島産婦人科医院と協同して周産期医療の充実にも取り組んでいるほか、その一環として岩元二郎小児科部長が発起人となって結成した、医療・保健・教育・福祉の4本柱で子育ちを支援する「種子島四葉の会」の活動も支援しています。
 こうした大切な情報をお届けするために『小児科院内報』を定期的に発行しておりますので、ぜひお役立てください。

 

 

 

担当医のご紹介はこちら

外来診療担当医表、休診・代診情報の詳細はこちら

発達外来・小児リハビリテーション利用までの流れ

「種子島四葉の会」の詳細はこちら

『小児科院内報』はこちら