「健康アイランド種子島」第1回市民公開講座を開催

10月20日(日)、「健康アイランド種子島」第1回市民公開講座が西之表市民会館で開かれました。出だしは順調で、多くの方が来場されました。今回のテーマ「元気で長生きのために自分自身を知ろう!」に沿って、講演の前に減塩郷土料理の無料試食会、医師による健康相談、血圧測定を体験していただきました。

市民講座健康アイランド01 市民講座健康アイランド02 市民講座健康アイランド03

市民講座健康アイランド04 市民講座健康アイランド05 市民講座健康アイランド06

用意した減塩郷土料理弁当は、当院や西之表の栄養士さんを始め、地元の方々による手作りで、ささげご飯、ゴーヤ佃煮風、トッピーのつけ揚げ、落花生の五目煮、いもんせん和え物に、さつま芋団子の豚汁がついて295kcalと低カロリー。薄味ながら素材の旨味がしっかりしていると好評で、みなさん美味しそうに召し上がっていらっしゃいました。

市民講座健康アイランド07 市民講座健康アイランド08 市民講座健康アイランド09

第1部は鹿児島大学大学院心血管病予防分析学 大石充教授による講演会、第2部は当院のリハビリスタッフによる「種子島医療セン体操」の実演、第3部は当院の田上寛容理事長を始め、西之表市長の八板俊輔氏、鹿児島大学から特任講師の川添晋先生と徳重明央先生をパネリストに招き、「健康アイランド種子島を目指して」をテーマにパネルディスカッションを行いました。

市民講座健康アイランド10 市民講座健康アイランド11 市民講座健康アイランド12

市民講座健康アイランド13 市民講座健康アイランド14 市民講座健康アイランド15

市民講座健康アイランド16 市民講座健康アイランド17 市民講座健康アイランド18

高血圧を防げば脳卒中や心不全といった生活習慣病を大幅に抑えられ、特定健診を受けることで救急車に乗るリスクが減ること、種子島は意外にメタボリックシンドロームの割合が高いことなど、身近で興味深い内容だけに場内から質問も数多く上がり、最後に最新式血圧計の抽選会が行われ、市民公開講座は盛会のうちに終了しました。
多数のご参加ありがとうございました。