// トップページ/サイドスライダー
現地施設見学会|社会医療法人義順顕彰会 種子島医療センター 求人情報|社会医療法人義順顕彰会 種子島医療センター FaceBook|社会医療法人義順顕彰会 種子島医療センター FaceBook Instagram|社会医療法人義順顕彰会 種子島医療センター Instagram

市民公開講座『健康な肝臓で100歳現役!』

市民公開講座『健康な肝臓で100歳現役!』

 

講演会の様子

2019.2.2(土)
鹿児島大学病院肝疾患相談センター主催による市民公開講座が当院で開催されました。
会場は肝疾患・健康に関心をお持ちのかたで満員御礼となりました。

~ 第一部 ~
司会を務めた当院理事長 田上寛容先生。

市民公開講座『健康な肝臓で100歳現役!』様子1

講演1:「あなたの肝臓、大丈夫ですか?」
鹿児島大学病院 消化器内科 馬渡 誠一先生

市民公開講座『健康な肝臓で100歳現役!』様子2

市民公開講座『健康な肝臓で100歳現役!』様子3

肝臓はなかなか症状が出ない為、沈黙の臓器と呼ばれています。
肝硬変になる前の発見が大事ということで、採血データの解説も教えていただきました。
“健診や人間ドックの結果を見直してみましょう”

講演2:「ウイルス肝炎と全身の病気」
鹿児島大学病院 消化器内科 椨 一晃先生

市民公開講座『健康な肝臓で100歳現役!』様子4

市民公開講座『健康な肝臓で100歳現役!』様子5

肝炎ウイルスの種類のお話しの中で、C型肝炎については、高齢者は認知症の危険性を増加させたり、
糖尿病リスクの増加の可能性があったり、多数の合併症を有するとのことでした。
“ウイルス肝炎は全身の病気とも関わりがあるので、放置せず、しっかり診断・治療を行いましょう”

~ 第二部 ~
司会は鹿児島大学病院 肝疾患相談センター 副センター長 森内 昭博先生

市民公開講座『健康な肝臓で100歳現役!』様子6

講演3:「あなどれない脂肪肝」
鹿児島大学病院 肝疾患相談センター 小田 耕平先生

市民公開講座『健康な肝臓で100歳現役!』様子7

市民公開講座『健康な肝臓で100歳現役!』様子8

脂肪肝が進行すると、非アルコール性脂肪肝炎{NASH(ナッシュ)}となり肝硬変へ進展してしまう。
健診の数値をチェックし、酒は適量に、栄養バランスの良い食事が大切です。

講演4:「おなかの健康と肝臓」
鹿児島大学病院 消化器内科 熊谷 公太郎先生

市民公開講座『健康な肝臓で100歳現役!』様子9

市民公開講座『健康な肝臓で100歳現役!』様子10

腸内細菌は様々な菌種が共生し、生体内のバランスを保っていて、善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れると
病気になる。アルコールまたは非アルコール性脂肪肝疾患との関連が深く、プロバイオティクスと
プレバイオティクスにより非アルコール性脂肪肝疾患の改善が期待できる。

 肝臓についての正しい知識を鹿児島大学の4名の先生から一度に聞くことができ、
とても貴重な講演会でした。日常生活における健康の大切さを改めて実感しました。参加された方は
「健康意識」を持っている方です。

今日のお話しを聞いたことによって「行動」に移し、これまで以上に生活の質を高めることができ、
健康へとつながっていくのだと思います。