// トップページ/サイドスライダー
現地施設見学会|社会医療法人義順顕彰会 種子島医療センター 求人情報|社会医療法人義順顕彰会 種子島医療センター FaceBook|社会医療法人義順顕彰会 種子島医療センター FaceBook Instagram|社会医療法人義順顕彰会 種子島医療センター Instagram

子育ち支援 種子島四葉の会

はじめに

離島へき地においては、都市部よりも少子高齢化の進展が早く、人口減少に歯止めがかからない状況です。
ここ種子島でも過言ではありません。高齢化に対する方策は、地域包括ケアに代表されるように全国津々
浦々に展開されていますが、こと少子化対策に関しては保育園不足や授業料の問題など、子育て世代の親の
支援が中心で、子どもが活き活きと自立して生活していけるような子育ち支援となると、まだまだ高齢化
対策と比べて後塵を拝していると言わざるを得ません。

少子高齢化において医療上の喫緊の課題とされているのが、高齢者では認知症、小児では発達障害への
対応とされています。発達障害の特性を有する子ども達への支援がなされないままだと、子どもたちの
成長に伴う生きづらさがいろいろな形となって噴出してきます。就学前からの早い時期からの子育ちの
支援が必須になってきます。
発達障害や児童虐待等の問題に対応できる活動的な組織の立ち上げが急務と考えました。

四葉の会結成の経緯

離島へき地にも、それぞれの分野で一生懸命に頑張っておられる方々がいます。各分野で頑張って
いる人たち(地上の星)が、同じ目標をもった有志として集まり、しっかり地域に根ざして、道しるべに
なろうとして結成したのが子育ち支援種子島四葉の会です。

四葉とは教育・保健・福祉・医療を指します。四葉のクローバーは幸せをもたらすという意味合いが
あります。

資料1

平成29年(2017年)9月26日に結成式を行いました。2か月に1回の定例会議を行いながら、
連携はもちろんのこと、やろうと決めたことをぐいぐいと推し進めていく連動を目指して活動しています。

四葉の会の活動

本会の活動は事例検討、教育研修、広報啓発、調査研究の4つのことを継続的に行っていくことを目的にしています。
平成30年度は、教育研修を目的に「発達障害のある子どもの地域サポーター養成講座」を6月より
翌年3月にかけて開催することができました。
離島でもこのような事ができるのだというモデルを作っていければと思います。
四葉の会への参加は自由です。定例会にオブザーバーとして参加いただき、会員の承認が得られますと
会員になれます。
会員としての絶対条件は、子ども達のために志のある方です。お待ちいたしております。

 

(種子島四葉の会代表/種子島医療センター小児科 岩元二郎)