// トップページ/サイドスライダー
現地施設見学会|社会医療法人義順顕彰会 種子島医療センター 求人情報|社会医療法人義順顕彰会 種子島医療センター FaceBook|社会医療法人義順顕彰会 種子島医療センター FaceBook Instagram|社会医療法人義順顕彰会 種子島医療センター Instagram

「市民公開講座「作業療法って何だろう?」を開催

皆さま、リハビリテーションの一役を担っている「作業療法」をご存知でしょうか?
略してOTと呼ばれています。そして、この作業療法は元気のリハビリテーションと言われています。


作業療法ってどんな療法?
作業療法の作業って?
将来、作業療法士になろうと思うんだけど、どんな仕事?
理学療法との違いは?
などをお伝えいたします。


また、日々を少しでも元気に暮らせればと、ワークショップもご用意いたします。


作業療法士とあったことがない方、
元気が自慢の方、元気になりたい方、誰かを元気にしたい方
是非、お集まりください。


市民公開講座


2019年11月4日(月)
市民公開講座『作業療法(OT)って何だろう?~作業を知れば元気になれる~』を開催しました。


①「作業療法って何?」 講師:室長・作業療法士 酒井 宣政
Physical Therapy(理学療法)とOccupational Therapy(作業療法)の違いについて
・目指すところは、“健康と幸福”
・導線が、“違う”
・PTは、“身体”
・OTは、“暮らしの在り方に焦点を!”
作業療法は、暮らしを守り、暮らしを育む作業を通して健康や幸福感を高めることにつなげます。 

市民公開講座1


②「身体障害分野の作業療法」 講師:作業療法士 上野 瞬
病気やけがの症状による具体的な作業療法を紹介していただきました。
活き活き きらきらと活動してもらうことを目標に当院で行っている、院内デイ『きらきら』について、レクレーションの様子や、ちぎり絵などの作品を紹介していただきました。
なじみのある作業・住み慣れた場所での作業療法を行っています。

市民公開講座2


③「老年期分野の作業療法」 講師:主任・作業療法士 川原 理栄子
当院の関連施設 わらび苑の作業療法士スタッフの川原さんから、高齢者に対する作業療法についてお話していただきました。
高齢者に対するリハビリは、精神機能も考慮した上で、そのかたの意欲を最優先しています。年齢、病気、障害に関わらず、その人それぞれに役割、目標があります。意欲を引き出すことができるように関わりを大切にし、その方らしい生活を送れるよう支援しています。

市民公開講座3


④「小児分野の作業療法」 講師:副主任・作業療法士 立花 悟
“こどもさんとの関わりから学ぶ作業療法”をテーマに、こどもさんにとっての作業とは、楽しく夢中になれる活動=「遊び」であり、「遊び」が大事!!目をきらきらさせていかに遊びを続けさせることができるか、立花さん自身の子育ての話を交えたお話でした。

市民公開講座4


自助具、訓練機器紹介のコーナーで、実際に体験してみました。

市民公開講座5 市民公開講座6 市民公開講座7


ワークショップ「作業を知って元気になろう!」 講師:酒井 宣政  「作業」の意義、「作業」は元気の源であること、「作業」のヤル気を引き出す動機づけについて、とても説得力のあるお話でした。

市民公開講座8

 4名のセラピストが作業療法についての論理的な説明はもちろん、今までの患者さん一人一人の訓練を通して学んだ事を熱く語ってくださいました。今日参加して、みんな元気になりました。そして、今後の生活で周りの人に元気を届けられることと思います。
リハビリスタッフの皆さん、ありがとうございました。

市民公開講座9